Ryu Kodama Profile


Ryu Kodama プロフィール写真

たった一枚で起業家の売り上げが劇的に上がる写真、『インプレッションフォト』を提供しているポジショニングフォトグラファーRyu Kodamaです。

今でこそ起業家の方々に多くのご予約をいただき、年商1,000万円を超えるフォトグラファーとして生きることができていますが、2006年から2014年までの8年間、写真1本では食べることができないフォトグラファーでした。

2001年にアメリカに渡り、2006年にLAの『南カリフォルニア大学』修士課程修了後、かねてから夢であったフォトグラファーとしてハリウッドで活動を始めました。

フォトグラファーとして入社した会社、セレブリティー・インターナショナルでは、アカデミー主演女優賞にノミネートされたVirginia Madsen、エミー賞受賞者Elaine Madsenらとのプロジェクトや、ハリウッドのセレブリティとの仕事をさせていただき経験を積ませてもらいました。

その後、ビジネスとアートの中心地ニューヨークに拠点を移しBill Viola、Alex Grey等世界的アーティストのポートレイト撮影やNYで活動する女優や俳優の撮影を中心に活動しながら、ユマ・サーマンなどを顧客に持つNYの有名レストランPure Food and Wineのベストセラーレシピブック”Living Raw Food”にフォトグラファーとしても参加。

ただ、NYでは高い家賃を払うのがやっとの生活が続きます。

今思うと写真という好きな事をやっているからという理由で安く仕事を請け負ったり、ビジネスのやり方を知らなかったが故に多くのチャンスを逃してきました。

結局、写真一本では食べていけず、写真撮影以外にもウェブ制作したり、カメラの機材を売り払ったり、大学時代から愛用していたエレキベースを手放したりしてなんとか食いつないでいました。

そうこうしているうちにワーキングビザが切れ2009年に日本に帰国しました。

帰国後は人物撮影(ポートレート)を中心にロック、ジャズ、ヒップホップミュージシャンのアーティスト写真、老舗フランス洋菓子メーカーの新作商品撮影、ドイツ産コスメの商品撮影、ファションやバッグブランドの撮影。

写真以外のシゴトではミュージックビデオの監督、撮影、編集、ウェブサイトの制作、ポスター、ロゴ、名刺等のグラフィックデザイン。

面白そうだと思うことには片っ端から頭を突っ込み制作してきました。

インパクトを与えるものを創りたいがゆえに、ついついやりすぎてお金が全然もらえない。

自分では社会にインパクトを与える最高に面白いものを創っていると自負していましたが、制作に費やした時間と労力に反比例して利益率は下がるばかり。

お客様には喜んで頂けても、売上を計算したら経費をかけすぎて赤字だったり、時給換算してみたら300円以下だったなんてことも日常茶飯事でした。

シゴトは少しずつ広がってはいってましたが、このままの成長速度では一流になるまでに時間がかかりすぎると悩んでいました。

そんな時、USPプロデューサー鉾立由紀さんに出会い状況が大きく変わりました。

– ビジネスのやり方を学んだこと

– 「本質を写し出す写真で起業家を勝たせる」というコンセプトを明確にかかげた『インプレッションフォト』を創ったこと

これによりリリース初月から月商160万円をいただけるようになりました。

その後も、起業家の売り上げが劇的に上がる写真を創り続け、立ち上げ初年から年商1,000万円を超えています。

そして、「インプレッションフォト」を活用した起業家が続々と月商7桁を上げるという成果に繋げることが出来たのです。

私自身の売上が上がっただけではなく、私が共感した想いのある起業家を勝たせられるようになり、以前よりも社会にインパクトを与えるものを創れるようになりました。

そして今、2年間で70名以上をプロデュースして培った知識を体系化し、
他の、写真で生きていきたい方々に伝承し共に歩んでもらえる準備が整いました。

昔の私のように、写真が大好きだけどそれ一本では食べていけない人達に、どうやったら写真一本で食べられるようになるのかを知ってもらいたい!

クリエイティビティーを最大限に発揮し、安く買い叩かれることなく、あなたの写真は価値があると思ってくれる人に届けられる方法を知ってもらいたい!

そんな想いで新たなプログラムを準備中です。

このプログラムに関してもメルマガで告知しますので興味のある方はこちらから登録してください。